The Balvenie - フィフティー - 50 年

The Balvenie フィフティー 50 年

"ザ・バルヴェニー" フィフティーは現在ウィスキーの生産にはほとんど使われていない、欧州産のオークでできたシェリー樽で熟成されています。1962 年に樽詰めされたできたての蒸溜酒は、その後の 50 年間、デービッド・スチュアートが技術を獲得し、自分の腕を磨いている間にゆっくりと熟成され、比類のない、傑出したシングルモルトスコッチウィスキーへと成長をとげました。この例外的に長い熟成期間により、すばらしい芳香の花のようなウィスキーが作り出されました。柑橘系の甘さと、蜂蜜、スパイス、そしてオークの淡い香りが見事に調和し、ビロードのような優しさを生み出しています。アルコール度数:44.1 度。特別限定版のため、88 本限定発売。

試飲に関するメモ

香り

豊かな花の香りに、果実とオークの香りが交じり合って生み出された甘い香り。レモンとオレンジピールの柑橘系の風味に、蜂蜜とバニラの甘さが加わり、最後にシナモンとオークの淡い香りが追いかけてきます。

ビロードのように優しく、驚くほど柔らかい味わい。果物と柑橘系の風味に、あふれるようなシナモンとナツメグ、そしてかすかな蜂蜜の風味が伴い、オーク香とほどよく調和しています。

後味

ビロードのようななめらかさと、柑橘系のかぐわしい甘さ。