The Balvenie - カスク 191 - 50 年

The Balvenie カスク 191 50 年

2002 年 9 月 6 日、1950 年代の最後の樽、カスク 191 がボトリングされました。できたのは、たった 83 本(カスクストレングス 45.1度)で、"ザ・バルヴェニー" ウィスキーの歴史の中でも最も少ない数です。このシェリー樽は、1952 年 1 月 26 日以来貯蔵庫に寝かされていました。

シェリーとオークの香りが長い間しみ込んだ結果、トフィー、マジパン、甘味を感じるオーク、レーズン、ナッツの複雑な香りのするシングルモルトウィスキーができました。その香味は奥深く、バタースコッチキャンディーの甘さから始まり、クローバーの蜜、リコリス、チョコレートの香りがドライオークとスパイスの香りと調和して、気品のあるものに仕上がっています。