The Balvenie - ダブルウッド 17 - 17 年

The Balvenie ダブルウッド 17 17 年

ダブルウッド 17 年を造るにあたり、デービッド・スチュワートは 2012 年に "ザ・バルヴェニー" のモルトマスターとなって 50 年目を迎えたのを記念して、「樽後熟」と呼ばれるプロセスに立ち戻りました。これは彼の最も有名な功績の 1 つであり、2 種類の樽で連続して熟成させる方法です。

この手法は "ザ・バルヴェニー" ダブルウッドの心臓部です。最初にアメリカンオーク樽でウィスキーを熟成させることにより、ソフトな甘いバニラ風味を引き出し、次にヨーロピアンオークのシェリー樽に詰めかえて熟成させることで、コクのあるスパイシーなフレーバーと重厚で豊かな味わいをもたらします。

人気の高いダブルウッド 12 年をさらに熟成させたこの新しい熟成製品は、12 年ものと同じ DNA と蜂蜜のような甘み・スパイシーな風味を持っていますが、明らかに異なるのは、深みのあるバニラ風味、青リンゴのほのかな香り、クリーミーなトフィーの風味、魅力的なコクと複雑な味わいを楽しめる点です。

試飲に関するメモ

香り
オーク、バニラ、蜂蜜のような甘さ、青リンゴのほのかな香りが織りなすエレガントで複雑な香り。
 
ドライフルーツやシャーベットスパイス、炒ったアーモンド、シナモンの甘みと、クリーミーなトフィー風味のコク、オークと重厚なバニラの名残が折り重なった味わい。
 
後味
バニラ、オーク、蜂蜜、スパイシーな甘さの余韻。